ENN - エンジニアリング・ネットワーク 定期購読・最新号・バックナンバー

ENN - エンジニアリング・ネットワークの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ENN - エンジニアリング・ネットワーク雑誌の詳細です。


ENN - エンジニアリング・ネットワークの公式サイトへ
本・雑誌 ENN - エンジニアリング・ネットワーク
本・雑誌内容 国内外の化学・鉄鋼・発電プロジェクトの動向に加え、業界が注目する新ビジネスにも焦点。プラント・エンジニアリング産業の的確な情報を提供します。プラントエンジニアの指針として欠かせない一冊です。
本・雑誌内容詳細 Data Focus
東日本大震災、被災状況および復興計画

News Record
TOYO、蘭DSMから中国とロシア向けFEED受注
CB&I~千代田~伊Saipem、ロシアからLNGプラント
重工環境・化学エンジ、中国で焼却炉を連続受注
エンジニアリング業界に新しい仲間
トーヨータイ、日本人1名を採用/TOYO、ネシアから肥料プラント
日本インフォア、スマート・ファクトリーデモセンターを稼働
アトラスコプコ、ポンプ事業の買収を完了
日立・三菱電機・三菱重工、水力発電事業を統合
東芝、イタリアの太陽光発電エンジ会社を買収
サムスンエンジ、サウジShybahガス田開発PJ受注
米NRC、ジョージア州の原発で環境影響評価を発表
日造・アタカ大機、環境事業を譲受
エン振協、「エンジニアリング協会」に名称変更
千代田、サウジから水事業でFS受注
山九、工事進捗情報サービスを開発

TOPICS
新日鐵エンジ、新社長に高橋誠取締役常務執行役員

Market Report
印で肥料案件が目白押し、4月7日にガルフファーティライザーで入札

Project Survey
[Overseas][Domestic]

業界パラボラアンテナ
福島第一原発事故がエンジ会社の業務に影響

FOCUS
プロジェクト、成功への鉄則
 プロジェクト、失敗の3パターン
  リスク判断・経験不足・戦略的赤字受注が代表的パターン
 プロジェクト、成功への鉄則
  フロントローディング無しに成功は無い

My Opinion
日本プロジェクトマネジメント協会 田中 弘理事長に聞く
プロジェクトの複雑化・多様化に対応するプログラムマネジメント

Engineering Now
福島第1原発事故と安全思想
突きつけられた地震大国日本にける原発安全性確保

IT Flash
プラントライフサイクルのデータ管理に威力を発揮する「AVEVA NET PORTAL」
オブジェクト指向で各フォーマットで、設計・ドキュメントなど幅広いデータに対応

Cover Story
東京電力、ピーク時の停電回避に向け発電設備を増設へ
重電メーカー在庫は厳しい状況、供給力不足は長期化か

連 載
企業の経営資源の最適化を実現する プロジェクトポートフォリオマネジメント
(1)プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)の概要

Suppliers Now
三菱重工が自社製制御システムの外販に本腰
 「DIASYS Netmation」で、従来の信頼性に最新IT技術を付加

World Trend
仏テクニップ、インドネシアのオフショア油田開発プロジェクト向けFEED業務を受注
仏テクニップ、北海油田開発プロジェクトを受注
米ジェイコブス、英最大の水会社のユナイテッド・ユーティリティズから受注
仏アルストム、米国のユーティリティソフト専門会社を買収し、配電網管理とスマートグリッド技術能力を強化
GEの水白書、水再使用とリサイクルを広範に奨励するには効果的インセンティブの導入が必要と主張
英AMEC、オイル&ガス業界の大手試運転サービス会社を買収

Equipment News
CAシリーズ/酉島製作所
NBL-F型/兵神装備
PT-X/ホソカワミクロン
ISGK-V/石垣
MELFA/三菱電機
ユニバーサルスマートX/東芝キャリア
IH式アルミ溶解保持炉/富士電機システムズ
スチームリンク/荏原製作所

Diagnosis Tool
H-1シリーズ/堀場製作所
EE-365/TMIダコタ
38DL PLUS/オリンパス
ShuttlePix P-400R/ニコン

Data File
2011年3月中旬~下旬のプラント類受注状況

News File

Editorial
震災1カ月後に迎えた創刊12周年
プロダクトNo 1281679589
出版社 重化学工業通信社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。