SINRA(シンラ) 定期購読・最新号・バックナンバー

SINRA(シンラ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

SINRA(シンラ)雑誌の詳細です。


SINRA(シンラ)の公式サイトへ
本・雑誌 SINRA(シンラ)
本・雑誌内容 『SINRA』は「森羅万象」を愉しむライフスタイル誌です。メインテーマは「NATURE & CULTURE(自然と文化)」。つまり、海・山・森などの自然の営みから派生する人の暮らしとそのスタイルを紹介します。自然と接点を持つだけで、人生は豊かになるはず。省資源、エコロジー、自然回帰などをサブテーマに、自然と共生する生活のあり方や自然と接点を持つ暮らしの素晴らしさを伝え、新たなかたちのライフスタイルを提案していきます。
本・雑誌内容詳細 【特集】

「海へ、帰ろう」
~人間も、海の生き物~
母なる海と未知なるディープオーシャンへの旅


生命、人類誕生の源である海。
母なる海にはまだまだ未知なる世界が広がっています。
特に人が到達することが困難な「深海」は、多くの謎と神秘のベールに包まれています。深海を知ることは、生命や地球環境の過去・現在、そして未来を考える上で重要な要素であり、海洋開発研究機構(JAMSTEC)や世界中の専門機関などでさまざまな研究や探索がなされています。

“Mother Sea――、もう一度、母なる海へ、帰ろう――
すべての生命は、海と関わりを持っています。海、深海に生息する見たこともない不思議な生物や自然現象などを知ることで、地球環境や生命の誕生、絶滅と再生などについて考えます。

 特集案内人には、水中写真家・中村征夫さんを迎え、海の生き物たちが教えてくれる海の生命力、豊かさを綴っていただきます。巻頭グラフは、エイリアンのような深海生物たちをとらえた吉野雄輔さんのビジュアル。
そのほか、「深海の女王・シルビア・A・アールが見た海」「グレートバリアリーフのサンゴ」「スペシャル紀行・遥かなる世界遺産 カナダ ハイダ・グアイ」「SINRAの旅 北海道・アイヌの海」ほか、さまざまなテーマで海と深海の神秘に迫ります。 
地球の表面積の70%が海で覆われているのに、これまで探査されたのはわずか5%。自然や生命はすべて海とつながり循環している。海と深海、地球と生命の神秘を探りに、母なる海へ。

目次

2 SINRAphoto&essay エイリアンズ 神秘の海にすむ不思議な生き物 吉野雄輔
24 脆くしたたかな海への旅。 中村征夫
30 中村征夫選 海の本棚
32 今、訪ねておきたい水族館
34 SINRA Special Message シルビア・A・アールのメッセージ
43 グレートバリアリーフ サンゴが生まれる日
50 今、日本海に何が起きているのか? 蒲生俊敬 
54 海をもっと知るためのカルチャー
58 深海生物ビジュアル図鑑
62 プラスチック・アイランド化する海を守れ!
66 海の恵みのごちそうレシピ
74 カナダ ハイダ・グアイ 遥かなる世界遺産
86 SINRAの旅 北海道 アイヌの海 芦原 伸


14 連載 玉村豊男の『田園遊歩』
104 連載 ぼ・く・ら・は・み・ん・な・い・き・て・い・る 椎名誠
112 連載 吉野信のField Report シベリアからの刺客 コミミズク
118 カナダ 知られざる建国150年の物語 平間俊行
    第8回 なぜカナダを旅するのか マニトバ②
130 マイク菱木のバイクライフVol.6
132 Natural Car Life Honda STEP WGN SPADA



森羅万象エッセイ
17 見城美枝子 地球あってのこと 
19 佐高信 冬の日本海に心寄せる
21 川島小鳥 100%の自分で
122 森羅万象新聞 SINRA SCOPE
FOOD/HOUSE/TREND/EVENT/TRAVEL/MOVIE/MUSIC/BOOK/
134 SINRA逸品堂
136 SINRA主義 匠の時間
138 定期購読キャンペーン&バックナンバーのご案内
140 SINRA STYLE
141 SINRA CLUB
142 読者プレゼント
143 読者アンケート
144 次号予告

プロダクトNo 1280
出版社 天夢人
発売日 毎奇月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。