+81(PLUS EIGHTY ONE) 定期購読・最新号・バックナンバー

+81(PLUS EIGHTY ONE)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

+81(PLUS EIGHTY ONE)雑誌の詳細です。


+81(PLUS EIGHTY ONE)の公式サイトへ
本・雑誌 +81(PLUS EIGHTY ONE)
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 Collaborative Art Spaces issue
コラボレーション・アート・スペース 特集

ファッションやアート、デザイン、プロダクト、音楽といった業界では、すでに定番化しているコラボレーション・プロジェクトだが、近年は飲食、宿泊施設、空間など、その分野も拡張し、異業種間でのコラボレーションも展開されるようになった。そこで今回は、数々のコラボレーション・プロジェクトを手がける3組のアーティストへのインタビューをはじめ、東京に点在する「コラボレーションにより誕生したアート空間」を15軒紹介する。また巻末特集では、NYで話題の最先端クリエイティヴ・スペースを厳選5軒ピックアップ。Vol.72「Tokyo Community Spaces issue」以来の"東京"に焦点を当てた特集となっている。

-Creators’Interview-
KAWS
Ryotaro Muramatsu / NAKED Inc.
Noritaka Tatehana

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:
EPSON teamLab Borderless

-Tokyo Collaborative Art Spaces-
The Millennials Shibuya
Park Hotel Tokyo
BnA HOTEL Koenji
BnA STUDIO Akihabara
Henn-na Hotels
hotel koé tokyo
Palace Hotel Tokyo
NIBUNNO
PAVILION
MoonFlower Sagaya Ginza
COURTESY
TREE by NAKED yoyogi park
TOKYO88
Reversible Destiny Lofts MITAKA
Sumida Aquarium
Maxell Aqua Park Shinagawa

-NY Creative Spots-
The Quin
Carlton Arms Hotel
Wythe Hotel
Spring Place
A/D/O
プロダクトNo 12796310
出版社 ディーディーウェーブ
発売日 3,6,9,12月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。