信徒の友 定期購読・最新号・バックナンバー

信徒の友の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

信徒の友雑誌の詳細です。


信徒の友の公式サイトへ
本・雑誌 信徒の友
本・雑誌内容 1964年4月の創刊以来、キリスト教会信徒の必読誌として成長し、今日では教界最大部数の総合雑誌となりました。中学生から読めるわかりやすい文章で聖書知識を多角的にとらえるほか、これまで、三浦綾子、加賀乙彦、木崎さと子などのクリスチャン作家や、日野原重明医師、料理研究家小林カツ代といった特長ある執筆者の連載を掲載してきました。また、全国の教会をグラビア頁で紹介。さらに、毎号1つのテーマで特集を組み、メッセージや情報を掲載します。
本・雑誌内容詳細 宗教改革Ⅱ──召命に応えて生きる

先月号では宗教改革の歴史をひもときました。
改革者たちが信徒に託したものを現代の私たちは
受け取れているか、再確認しましょう。

◆全信徒が祭司であること……深井智朗(東洋英和女学院大学教授)
◆礼拝改革は終わらない……小栗 献(兵庫・神戸聖愛教会牧師)
◆《祭司とされた信徒として》
 ・説教奉仕をする
  ……長岡立一郎(日本福音ルーテル教会九州セミナリオ元校長)、
   田村圭太(福岡・日本福音ルーテル博多教会員)
 ・新来会者を導く……小笠原明寛(岩手・大船渡教会員)

◎特別読み物
・ここに教会がある
 祈り、主が各々に委託された勤めに生きる……福岡・久留米東町教会
・《追悼》内藤留幸牧師を天に送る──本誌連載「みことばにきく」執筆者
  ……細川めぐみ(東京・経堂北教会員)、谷内江潤子(石川・金沢教会員)

<連載>
●祈り
●教会のトピックス
 ─宮城・仙台青葉荘教会「路傍伝道』」
●我が家の“わんにゃん”!─ルーシ
●献堂しました─千葉・佐原教会
●生と死の境界線で
 ─イラク共和国 「戦争と狂気……佐藤 慧(フォトジャーナリスト、ライター)
●【4コママンガ】ひかり&しおん
  ……川上幹太(滋賀・長浜教会牧師)
●シネマへの招待
 ─『笑う故郷』
●みことばにきく……伊藤瑞男(日本基督教団隠退教師)
●【マンガ】こちら陽だまりデイサービス……ないとうかずえ
●シリーズ 精神障害─そこに働く神の愛をめぐって
 ─「福祉と教会をつなぐ試み─精神障害のある人を受け入れるとは」
  ……石丸昌彦(精神科医)
●聖書の中の人間関係
 ─「アブラハムとサラ」(創世記23章2節)
  ……山北宣久(日本基督教団隠退教師)
●現代に語る「コヘレトの言葉」
 ─7章2節「死ぬ日は生まれる日にまさる」
  ……小友 聡(東京・中村町教会牧師)
●等身大の私たち
 presented by 学生キリスト教友愛会(SCF)メンバー
 ─「物事の陰の部分を知らないと本質はわからないんだ」……島田佳奈(桜美林大学3年)
●神に呼ばれて
  ……和田征子(日本原水爆被害者団体協議会事務局次長、東京・洗足教会員)
●世界キリスト教情報(CJC=東京)
★日毎の糧……川村 満(長野・諏訪教会牧師)
プロダクトNo 1269
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。