新電気 定期購読・最新号・バックナンバー

新電気の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新電気雑誌の詳細です。


新電気の公式サイトへ
本・雑誌 新電気
本・雑誌内容 最先端技術をグラフィックで解説し、新しい技術を支える電気の役割がわかる雑誌です。電気技術のトピックスや現場実務のノウハウを詳細に解説するだけでなく、電験三種やエネルギー管理士などの受験対策も網羅。太陽光や風力、燃料電池などの再生可能エネルギーの最新情報も豊富にそろえている専門誌です。
本・雑誌内容詳細 ■付録

平成29年度・第39回エネルギー管理士(電気分野)
試験問題と解答・解説

■特集

デジタルメータ A to Z
電気保安に欠かせない最新測定ツールのすべて

・アナログメータとデジタルメータ
・クランプメータ
・マルチメータ
・接地抵抗計
・サーモグラフィ
・太陽光発電関連
・デジタルメータで広がる活用範囲

デジタルメータ・カタログ
 クランプメータ/マルチメータ/サーモグラフィ/接地抵抗計/絶縁抵抗計/太陽光発電関連

  ・共立電気計器
  ・三和電気計器
  ・TFFフルーク社
  ・テストー
  ・日置電機
  ・フリアーシステムズジャパン

 文 石原 智弘(関西電気保安協会)
 写真提供、協力 関西電気保安協会

 電気保安実務の現場ではさまざまな計測器が活躍しています。これら計測器に求められるのは、正確であることや業務効率に貢献することで、それに応えるように計測器は進化し続けています。例えば、測定器の測定データをタブレット端末やパソコンに通信機能で送信するなど、ひと昔前には考えることのできなかった技術が日進月歩の導入されています。そして、それらの新しい技術の浸透に貢献しているのがデジタルメータです。
 今回は、現在、電気保安実務の現場で活躍しているデジタルメータについて、使用方法なども交えながら特徴や注意点を解説します。

■開発秘話

ダイキン工業『レトロフィットシステム』
取材・文 編集部

■現場実務

・現場の電気保安実務
 (138) 高圧活線近接作業の感電防止
 協同組合 第一電気保安協会/高田 昭英

・理論と実務を結ぶ電気のQ&A
 (15) モータの欠相って?(その1)
 石井 理仁

■電気の基礎・応用

・the リレーシーケンス 基礎知識その3
 新電気現場実務調査会/江浦 悟

・電気技術者のためのパワエレ道場
 第10回 自励式PWM正弦波インバータ(その1)
 新電気技術顧問/島村 茂

・電気のクエスチョン??
 (96) オペアンプの考え方(その1)
 明石工業高等専門学校/堀 桂太郎

・やさしく語る電気のイメージ 電気機器の入門講座
 (21) 直流機 その5
 新電気電験問題研究会/山下 明

・電気数学のすゝめ ~ゼロから目指す電験三種~
 第18回 電気回路への応用 その2
 中部プラントサービス/村山 慎一

・対話で学ぶ 電気雑学
 ③電圧を切る話と電流を切る話
 野口技術士事務所/野口 昌介

・厳選テーマをいもづる式に徹底解説 電験三種 基礎鍛錬
 (37) 変圧器2
 菅原技術士事務所/菅原 秀雄

■短期集中! 電験三種 計算力養成スクール

理論・電力(1)
田沼技術士事務所/田沼 和夫

 計算問題が解けなければ電験三種に合格することはできません。数式や公式を覚えることも必要ですが、それだけでは解けないのが現実です。単なる暗記ではなく、数式や公式の意味をよく理解して使用する必要があります。そのためには、基礎的なことを繰り返し学習して確実に身につける必要があります。一歩ずつ着実にレベルアップを図ってください。

■好評連載

・スポーツコラム
 (44) 清宮幸太郎
 ~プロの世界で活躍するために必要なこと~
 スポーツライター/小林 信也

・科学探究クロニクル  
 第21回 顕微鏡
 首都大学東京/森 弘之

・工業英語 四方山話
 (51) connect
 古樋 直己

・SD Forum
 PV設置体験記~その1~/工高白書/読者の声/掲示板
 号外
 マス横谷が解決! 数学の「謎、なぞ、ナゾ」
  因数分解

■お知らせ

「新電気」創刊70周年 読者見学会のお知らせ

 1947(昭和22)年に誕生した「新電気」は、おかげさまで本年12月号で創刊70周年を迎えます。そこで、創刊70周年を記念して読者見学会を行います。
 見学地は、本誌で幾度も取り上げている電気の「生産」と「活用」を担う2カ所の施設を予定。詳細は本誌をご覧ください。
プロダクトNo 1268
出版社 オーム社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。