新電気 定期購読・最新号・バックナンバー

新電気の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新電気雑誌の詳細です。


新電気の公式サイトへ
本・雑誌 新電気
本・雑誌内容 最先端技術をグラフィックで解説し、新しい技術を支える電気の役割がわかる雑誌です。電気技術のトピックスや現場実務のノウハウを詳細に解説するだけでなく、電験三種やエネルギー管理士などの受験対策も網羅。太陽光や風力、燃料電池などの再生可能エネルギーの最新情報も豊富にそろえている専門誌です。
本・雑誌内容詳細 ■特集

メガソーラーの「超最新」点検ガイド
より早く、より正確に!

・保守点検の現状
・セグウェイの活用
・ドローンの活用

文 山口 正貴(北海道電気保安協会 総合技術センター)
写真提供、協力 北海道電気保安協会

 全国各地に設置されているメガソーラーは、広大な敷地に膨大な数の太陽電池モジュールが敷設される太陽電池発電所です。オーナーがFIT法に基づく売電で利益を得るという性質上、設備故障による発電量の低下は損失に直結するため、安全面はもちろん、経済面から考えても保安確保の重要性は高くなっています。
 今月は、全国屈指の「メガソーラー設置数」を誇る北海道を舞台に、保守点検で新たに導入された2つの手法に着目。今後、マニュアル化が期待される超最新メソッドを取り上げます。

■特設

高圧受電設備の設計、保守管理に役立つ
インピーダンスマップ作成指南
四国電気保安協会/郷田 昌三

 一般的な電力系統では、発電所で発電した電力を送電線、変電所や配電線などを通じ、需要家に供給しています。そのなかで、変圧器といった電気設備や電線路の接続状態を単線結線図として表し、それをインピーダンスに置き換えた図をインピーダンスマップ(以下、マップ)と呼んでいます。そして、マップを基にして短絡電流、電圧変動や電力の流れを表す潮流などを求めます。
 そこで今回は、高圧受電設備における短絡電流の求め方にスポットを当て、マップの作成方法について解説します。

■開発秘話

日立産機システム
『日立ハイブリッド形真空遮断器』
取材・文 編集部

■現場実務

・現場の電気保安実務
 (140) 人為ミス、自然劣化による太陽光発電所の事故事例
 ウエストO&M/大山 正彦、熊本 研一

・理論と実務を結ぶ電気のQ&A
 (17) 変圧器二次側と接地箇所は?
 石井 理仁

・私の現場記録
 長期化した絶縁トラブル
 森下技術士事務所/森下 正志

■電気の基礎・応用

・The リレーシーケンス 自己保持回路
 新電気現場実務調査会/江浦 悟

・電気技術者のためのパワエレ道場
 第12回 自励式PWM正弦波インバータ(その3)
 新電気技術顧問/島村 茂

・やさしく語る電気のイメージ 電気機器の入門講座
 (23) 直流機 その7
 新電気電験問題研究会/山下 明

・電気数学のすゝめ ~ゼロから目指す電験三種~
 第20回 電気回路への応用 その4
 中部プラントサービス/村山 慎一

・対話で学ぶ 電気雑学
 ⑤残留磁気のいたずら
 野口技術士事務所/野口 昌介

・電気のクエスチョン??
 (98) なぜ、二次遅れ要素の伝達関数はOhmshaと表すのか
 慶應義塾大学/足立 修一

・厳選テーマをいもづる式に徹底解説 電験三種 基礎鍛錬
 (39) 誘導機2
 菅原技術士事務所/菅原 秀雄

■短期集中! 電験三種 計算力養成スクール
 機械・法規(1)
 田沼技術士事務所/田沼 和夫

 計算問題が解けなければ電験三種に合格することはできません。数式や公式を覚えることも必要ですが、それだけでは解けないのが現実です。単なる暗記ではなく、数式や公式の意味をよく理解して使用する必要があります。そのためには、基礎的なことを繰り返し学習して確実に身につける必要があります。一歩ずつ着実にレベルアップを図ってください。

■好評連載

・スポーツコラム (46) 引き際
 ~引退の美学か、現役を続ける愛情か~
 スポーツライター/小林 信也

・科学探究クロニクル 第23回 無菌手術
 首都大学東京/森 弘之

・工業英語 四方山話 (53) device
 古樋 直己

・SD Forum
 PV設置体験記~その3~/工高白書/読者の声/掲示板
 号外
 マス横谷が解決! 数学の「謎、なぞ、ナゾ」
  組立除法
プロダクトNo 1268
出版社 オーム社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。