新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新潮雑誌の詳細です。


新潮の公式サイトへ
本・雑誌 新潮
本・雑誌内容 歴史と伝統を誇る月刊文芸誌。三島由紀夫賞などの文学賞が発表されます。
本・雑誌内容詳細
 家の中で迷子[二〇〇枚]/坂口恭平

 見慣れた部屋が森に変貌し、水で溢れる。
 迷子の相棒は歌、偶然、そしてネズミ
 ――無数の命と物質に祝福された世界探しの大冒険!


--------------------------------------------------------------------------------


 神がかり[一一〇枚]/佐藤友哉

 世間から身を隠す男を過去が脅かす。
 かつて自らの命と引き替えに差し出したものとは?


--------------------------------------------------------------------------------


 御嶽の少年/大城立裕

 戦前の沖縄――祖父母の集落で少年は仲間たちと
 夏の時間を過ごす。甘やかな記憶の物語。


--------------------------------------------------------------------------------


 『を待ちながら』ノート/保坂和志
 ――無力さ、現前性、ユートピア

 生者しかそこにいなかった――ある芝居を見て以来
 私は現前性のことをずっと考えている。


--------------------------------------------------------------------------------


 キュー[新連載・第三回]/上田岳弘

 募る疑問、予期せぬ展開。人類の運命を描く想像力の拡張!
 (新潮×Yahoo! JAPAN共同企画)


--------------------------------------------------------------------------------


 ■■ 連載小説 ■■

 TIMELESS(二十)[連載完結]/朝吹真理子

 格闘(十)/高樹のぶ子

 野の春(十四)/宮本 輝

 荒れ野にて(三十)/重松 清


--------------------------------------------------------------------------------


 わかる」と「操る」/森田真生

 「虚数」の発見からリーマンの「多様体」へ。
 身体的な知から自立した数学の新しい光景とは。


--------------------------------------------------------------------------------


 Let It Bleed――料理人・澤口知之/福田和也

 友が死んだ。本当の文章と味を分かち合った盟友が。
 文芸評論家と料理人の“血”の交流。


--------------------------------------------------------------------------------


 模倣ミメーシスの悦び――新しい宮沢賢治(2)/今福龍太

 作為や意図の向こうに豊饒な宇宙がたちあがる。
 賢治や井上有一が見た、照応=交感コレスポンデンスの力。


--------------------------------------------------------------------------------


 編集者 漱石[第七回・一二〇枚]/長谷川郁夫

 「それから」「門」「彼岸過迄」数々の名作執筆
 と並行し文豪の“編集機能エディターシップ”は開花した!


--------------------------------------------------------------------------------


 小林秀雄[第五十回]/大澤信亮


--------------------------------------------------------------------------------


 地上に星座をつくる/石川直樹
 第五十八回・島のスナックにて


--------------------------------------------------------------------------------


 見えない音、聴こえない絵/大竹伸朗
 第一五八回・微妙と密度


--------------------------------------------------------------------------------


 ■本
 ・滝口悠生『高架線』/岡田利規
 ・磯﨑憲一郎『鳥獣戯画』/佐々木 敦
 ・大友良英『ぼくはこんな音楽を聴いて育った』/滝口悠生


--------------------------------------------------------------------------------


 ■新潮
 ・疲れさせるのは、あの純粋?/岩松 了
 ・蔵書の話/紀田順一郎
 ・安吾と読書修行/近藤ようこ
 ・ベルリンでコンテンポラリーダンスを見る/内野 儀
 ・実存と「生き物の問題」/串田純一

プロダクトNo 1265
出版社 新潮社
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。