モノマガジン(mono magazine) 定期購読・最新号・バックナンバー

モノマガジン(mono magazine)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

モノマガジン(mono magazine)雑誌の詳細です。


モノマガジン(mono magazine)の公式サイトへ
本・雑誌 モノマガジン(mono magazine)
本・雑誌内容 モノ・マガジンファンの皆様に支えられ、ちょうどCDプレーヤーが発売された1982年にスタートしたモノ・マガジン。流行や生活を端的に表す新製品情報を中心に、100円の消しゴムから数千万円のクルマまで、モノの機能、デザイン、操作性、歴史、伝統、哲学、作る人、使いこなす人・・・・・モノをとりまくあらゆるフィールドを紹介してきました!人とモノが触れ合う限りモノ・マガジンのスタイルは永遠に変わりません。変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。今回、便利でお得な年間購読をご案内します!是非ご利用下さい!
本・雑誌内容詳細 【特集】テレビと家電の大特集!

間に合いました年末! 冬のボーナスの行く末を決定する2大特集。テレビも家電も新しいモノが良いに決まっているのだけれど、どれもが良さげに見えてどうにも決まらない……。売り場に行くと悩みすぎて頭痛を起こしてしまう。そんな貴方のために分かりやすさ重視で作った「感動」と「便利」の2大特集。大きな買いモノは、やっぱり面白い!

【特集】ゆるくてガチな楽器

ビギナーも久しぶりに楽器に触れる人もゆるく始められて、本格派のガチ演奏にも耐えられる新感覚の楽器が登場。弾けなくてもプレイ! 楽しみを知らずに挫折するのは、もう時代遅れだ。

【特集】エド・ピネドのジッポーコレクション

コレクターの王道は、レア度の追求だろう。ジッポーなら、発売当年のライターは垂涎の的。入手困難なアイテムほど、コレクションの価値は増す。エド・ピネドによるジッポーコレクションは、ただ珍しいだけではない。レア度にひねりがきいているのだ。ジッポー社のアート従業員が、エングレービング技術を高めるために練習台にしたジッポーを集めている。書き取り練習帳よろしく、ジッポーの上で練習した絵や文字が入るジッポーは、すべてが一点モノである。

【特集】小髙 泰のベトナムを巡る旅。

奥がありそうなのに、目の前を流れていくベトナムがあまりに面白すぎて、つい「まっいっか」で流してしまうベトナム旅。で、振り返るとすべてが淡く、捕まえどころがないベトナム。「あ"~知りてェ、ベトナム国もっと」というわけで、今回、ベトナムを知るにはこの人物、一押しの小髙 泰氏に語ってもらった。新しく開いたベトナムの扉。ベトナムに行きたくなる。ベトナムを見たくなる。必定!

【地方創生ブランド】 神奈川県・三浦半島特集!

■第29回横須賀市/海軍カレー、しらす、葉山牛、猿島ワカメ、シフォンケーキ……軍港の街・ヨコスカ直送のお取り寄せグルメで、家飲みがちょっと豪華に盛り上がる!
■第30回三浦市/三浦の自慢は何といっても三崎漁港のマグロ。刺身だけじゃない地元ならではの食べ方から、海の幸・山の幸まで、三浦のうまいモノ巡りをご案内!

【特集】欲しいぜ、カーギア!

自動車界のストーブリーグ!? 冬のカーギア熱波が到来! 工具、エレクトリック、ドライブギア、車ガジェットまで盛りだくさんでお届けします!

【連載】】時が止まって。Narrow Boats on London Canals【ナローボートを浮かべる運河】

今日のナローボートは、全体にスタイリッシュで美しく手入れされている。ブリティッシュグリーンにペイントされて幾何学模様やバラの花など、思い思いに飾られている。運河時代と変わらないのは幅約2m、長さ17mほどの細長い船体である。運河のロックに入り、トンネルを抜け、トウパス越しに曳船されるために、このスリムさが必要だったのだ。その船で運河をたどれば、まるで過去への扉がひとつずつ開いていくかのようである。

OTHER CONTENTS

●MONO編集部のモノ差し
●う~ん、うなるモノ
●潜水艦列伝
●期間限定連載:SILENT SIREN
●新連載:金属恵比須 髙木大地の「狂気の楽器塾」
●monoの大捜査線
●新連載:それでいいいじゃなイカ
●蘊蓄の箪笥
●IVYという名のもとに
●ミステリーキャスケット
●GAME MUSEUM
●蘊蓄の箪笥
●NEW PRODUCT INFORMATION 新製品情報
●これが定番だ!!
●モノ進化論
●mono SHOP新聞
●みうらじゅんの「今月のグッとくる宝物BEST2」
and more!
プロダクトNo 1261425
出版社 ワールドフォトプレス
発売日 毎月2,16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。