週刊金融財政事情 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金融財政事情の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金融財政事情雑誌の詳細です。


週刊金融財政事情の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金融財政事情
本・雑誌内容 通号3,000を超える老舗の金融専門誌。先進的金融機関経営や金融資本市場のトレンド、金融検査・監督方針など、金融ビジネスパーソン注目のテーマをいち早く取り上げ、丁寧に解説。正確で客観的な情報、先読みの問題提起が、長年にわたり金融機関経営者・官界に信頼されてきた理由です。“キンザイ”の特集や「新聞の盲点」欄を読まずして日本の金融は語れません! もちろん、今日の営業・事務・リスク管理に有益な実務ネタも満載です。
本・雑誌内容詳細 ■特 集
人生100年時代の生保リテール戦略

大手4社の商品開発責任者に聞く!
─ライバルに負けない商品戦略─

保険の目のつけどころ(特集番外編)
「健康増進型保険」の各社比較
ファイナンシャル・プランナー 竹下 さくら

超低金利と技術革新が迫るチャネル戦略の再構築
キャピタスコンサルティング マネージングディレクター 植村 信保

インシュアテックの潮流と変革されるべき規制・実務慣行
森・濱田松本法律事務所 弁護士 増島 雅和


■論考・解説

日本でも始まる「規制のサンドボックス」を巡る世界的潮流
内閣官房 参事官補佐 片岡 修平

地方銀行2018年3月期決算分析
野村証券 アナリスト 坂巻 成彦

いま金融機関の人材育成に求められるもの
百五総合研究所 部長 瀧本 和彦


■時 論
なぜ世界は仮想通貨に注目するのか
慶應義塾大学 教授 白井 さゆり

■新聞の盲点
地域金融機関に迫る非公表の業務改善命令

■News Square
不明土地円滑化法が成立、公共事業で不明土地の利用が可能に
金融庁が国内基準行における金利リスク開示事項を公表
FX規制でレバレッジ倍率は据え置き、ストレステストを厳格化
金融庁がみなし仮想通貨交換業者に初の登録拒否処分
新興国で相次ぐ通貨防衛の利上げ、自国景気とのジレンマに


■トレンド

〈為替市場〉
ドル安円高方向を予想する5つの根拠
みずほ証券 上野 泰也

〈商品市場〉
OPEC総会は増産実施決定か
楽天証券経済研究所 吉田 哲

〈ズームアップ経済統計〉
英国のEU離脱でポーランドにヒトが逆流?
大和総研 山崎 加津子


■連載

金融法務NOW(34)
小沢・秋山法律事務所 弁護士 香月 裕爾

金融と経済と人間と(104)
第一生命経済研究所 顧問 大森 泰人

デジタルイノベーションの衝撃(4)
みずほ銀行 産業調査部 斉藤 智美

ひまわり 〈日本生命保険〉
アフタースクールでSDGsを体験学習

支店長室のウラオモテ
しのぎを削る住宅ローン

私の支店経営
3本柱の基本方針を徹底し、全員営業体制の確立を目指す
きのくに信用金庫 河西支店長 江川 泰寛

隣の金融機関
静岡銀行 デジタル化を支える風土と業務改革
アジア開発銀行研究所 エコノミスト 根本 直子

Baila Bien 〈多摩信用金庫〉
「地産地消」のPPP/PF

一人一冊『FinTechと金融の未来』大和総研 編著/日経BP社
〈評者〉立教大学ビジネススクール 教授 田中 道昭

■場外乱闘
いまこそ「長期停滞論」に注目せよ

■豆電球
含羞なき世代

プロダクトNo 1260134
出版社 金融財政事情研究会
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。