週刊金融財政事情 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊金融財政事情の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊金融財政事情雑誌の詳細です。


週刊金融財政事情の公式サイトへ
本・雑誌 週刊金融財政事情
本・雑誌内容 通号3,000を超える老舗の金融専門誌。先進的金融機関経営や金融資本市場のトレンド、金融検査・監督方針など、金融ビジネスパーソン注目のテーマをいち早く取り上げ、丁寧に解説。正確で客観的な情報、先読みの問題提起が、長年にわたり金融機関経営者・官界に信頼されてきた理由です。“キンザイ”の特集や「新聞の盲点」欄を読まずして日本の金融は語れません! もちろん、今日の営業・事務・リスク管理に有益な実務ネタも満載です。
本・雑誌内容詳細 ■特 集
あらためて考える金融機能強化法

厳しい収益環境で公的資金返済を目指す注入行
編集部

中長期的な収益を目指す経営モデルを構築し、公的資金返済に道筋
南日本銀行 取締役経営企画部長  市坪 功治

資本注入制度を活用してビジネスモデルの転換を
神戸大学 教授  家森 信善

中小企業支援が不十分で、見通しも厳しい注入行は撤退させるべき
慶應義塾大学 教授  池尾 和人

■談論風発
地域のための預貸業務という信用金庫の本分は捨てない
高岡信用金庫 理事長 在田 長生

■論考・解説

<KINZAIリポート>地域金融機関経営に一段の焦点をあてた金融行政方針

域外国への金融規制強化を進めるEU
国際金融情報センター ブラッセル事務所長 金子 寿太郎

個人向けの自宅リース事業「新生 My WAY」を開始
新生銀行  市村 啓介

■連載

金融と経済と人間と(77)
『深夜特急』の行方(上)
第一生命経済研究所 顧問  大森 泰人

経営管理のためのサイバーセキュリティ入門(19)
おもな攻撃手法と対策のポイント(3)─DDoS攻撃(3)
日本銀行  杉浦 俊彦

■新聞の盲点
対岸の火事ではないMiFIDⅡ、世界の証券会社が焦燥感

■News Square
主要行17年9月期決算、銀行本体の収益力低下が鮮明に
日本郵政、17年9月期は純利益2割増
都が国際金融都市構想を公表、「東京版ビッグバン」目指す
金融業界が18年度税制改正要望を自民党に提出
中国が金融業の外資参入規制の緩和を表明

■時 論
子育て支援に取り組む地域への期待
住宅金融支援機構 理事長  加藤 利男

■トレンド

〈債券市場〉
日本国債の逆行高が示唆するもの
野村証券 松沢 中

〈米国経済〉
来年の不安要素は税制改革とFRB理事人事
信金中央金庫  角田 匠

〈ズームアップ経済統計〉
波及効果は限定的だったECBのマイナス金利
三菱UFJリサーチ&コンサルティング  廉 了

■Spotlight

FinTech+(11)
銀行サービスをAPIで実現するSaaSエンジン
brees corporation 取締役  岩田 太地

支店長室のウラオモテ
女性行員の能力を引き出せ!

私の支店経営
お客さまとの出会いが人生観を広げた
三重銀行 桜支店(上)支店長 須藤 綾

隣の金融機関 
琉球銀行
マイナス金利政策の影響を打破する新たな取組み
トリグラフ・リサーチ 代表取締役  大久保 清和

Baila Bien
〈野村証券〉高齢顧客のニーズに寄り添う専門部隊「ハートフルパートナー」

一人一冊
『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』魚住 りえ 著/東洋経済新報社
〈評者〉ニッセイ基礎研究所  久我 尚子

■オンレコオフレコ
金融庁と新形態銀行が「対話の充実」へ

■書架
『アフター・ビットコイン』中島 真志 著/新潮社
〈評者〉京都大学公共政策大学院 教授 岩下 直行

■豆電球
金融検査の先祖返り

■Data File
金融機関業態別預貸金速報
プロダクトNo 1260134
出版社 金融財政事情研究会
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。