ショパン(CHOPIN) 定期購読・最新号・バックナンバー

ショパン(CHOPIN)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ショパン(CHOPIN)雑誌の詳細です。


ショパン(CHOPIN)の公式サイトへ
本・雑誌 ショパン(CHOPIN)
本・雑誌内容 月刊「ショパン」は、ピアノ学習者、音大生、教師、愛好者、演奏家を対象にしたピアノの専門誌です。学習に必要な知識、内外のピアニスト、コンサート、音楽界各分野の情報、レクチュア、メソッドなどを掲載します。
本・雑誌内容詳細 Pianist Special Interview No.264
関本昌平 SEKIMOTO Shohei
考え、伝える。言葉で、音で。

特集1 バレンタイン 作曲家が捧ぐ愛の物語
・ベートーヴェン■髙久暁
・シューベルト■佐野優子
・ショパン■下田幸二
・シューマン&クララ■西原稔
・リスト■青柳晋
・ブラームス■西原稔
・ドビュッシー■中井正子
・サティ■熊本マリ
・ラフマニノフ■佐藤彦大

特集2 ピアノ練習の い・ろ・は
・ピアニストに聞く練習法のいろは
■赤松林太郎■有森博■大須賀恵里■小倉貴久子■瀬尾久仁&加藤真一郎
・教則本・教本のいろは■高田匡隆

INTERVIEW
・實川風
・斎藤雅広
・加羽沢美濃
・浦山瑠衣
・マティアス・キルシュネライト

SERIES
・ぷらっとほーる■鬼木玲子
第62回三重県文化会館
・ピアニストたちはいま……
■臼木麻祐子■榎本智史■岡田将■リード・テツロフ■中川賢一
■中野万里子■原田ありさ■山城浩一
・毎日がMaravilloso!!■熊本マリ
 第33回 バレンタイン
・アフロのピアノレッスン 〜 やめてしまったピアノを大人になってもう一度 〜
■稲垣えみ子
 第2回 止められない止まらない
・世界のコンクール便りVol.55■アーリンク明美
 第1回サン=プリエスト国際ピアノコンクール
・イタリアピアノ教育のいま■末高明美
 第1回 魔法のピアノが大好きな子供たち
・實川風の〜ひとまず一服〜■實川風
第7回 「Wettbewerb 2」
・珈琲と浪漫の香る館から〜名曲喫茶の選曲担当が語る レコード聴き比べの愉しみ〜
■森曠士朗
 第14回 ショパン作曲《小犬のワルツ》
・斎藤雅広の「お江戸で連談!」
  Vol.41 花岡千春
・聴いてみませんか? 弾いてみませんか? 女性作曲家作品あれこれ■宮﨑貴子
第10回 《セレナーデ》ポリーヌ・ヴィアルド(1821-1910)【後編】 
・加藤昌則の〝作曲・作品大解剖!〟~『クラシックのギモン解明! 入門講座』誌面編~■加藤昌則
 第6回 ルトスワフスキー《パガニーニの主題による変奏曲》、グアスタヴィーノ《ソナチネ》
・倉澤杏菜のベルリン舞台裏■倉澤杏菜
第34回 ただいまと感じられる場所 編
・ギロック 人と作品■伊藤仁美
 第7回 ギロックのロマン派作品
・La Vita della Musica in Italia 〜イタリアからの音楽便り〜■横山緑
第37回 新しい年を迎えて
・ショパン演奏法 〜ショパンの国のピアニストが教えるショパン〜■グジェゴシュ・ニャムチュク
 第6回 ショパンの性格(2)
・緑が丘通信■舘野泉
 第35回 日中韓障害者芸術祭
・現役最高齢ピアニスト室井摩耶子エッセイ ピアニストの呟き■室井摩耶子
第49回 エネルギーの流れ
・ショパン バックナンバー物語

TOPICS
・2017年第46回ベストドレッサー賞
・ヤマハ掛川工場コンサート
・日本におけるロシア年 記念コンサート
・杉谷昭子門下生ピアノコンサート■鈴木葵
・第28回パリ国際アマチュアピアノコンクール■船越清佳
・演奏会から
●東京シティフィルハーモニー管弦楽団、栗田博文、奥田弦
●ウィハン弦楽四重奏団with金澤克史●岩崎淑●田村明子
●パリ5人組●ゲルハルト・オピッツ●いとうたつこ、仲田淳也

・CD/映画/INFORMATION
・おたよりカフェテラス
・ミネア・クリスタルのショパンが奏でる
   今月の運勢&誌上鑑定 1月18日〜2月17日

【読者プレゼント】
キーカバー&ペダルカバーのセット
(※色は編集部で選ばせていただきます)
2名様

【ご注意】ご応募は必ず本誌とじ込みの読者ハガキをご利用ください。読者ハガキ以外でのご応募は無効となります。
【応募方法】ハガキ裏面のプレゼント希望欄に番号をご記入のうえ、2月17日必着でお送りください。切手は不要です。
【当選発表】当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
プロダクトNo 1251
出版社 ハンナ
発売日 毎月18日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。