初等教育資料 定期購読・最新号・バックナンバー

初等教育資料の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

初等教育資料雑誌の詳細です。


初等教育資料の公式サイトへ
本・雑誌 初等教育資料
本・雑誌内容 『初等教育資料』は,小学校教育・幼稚園教育にかかわる先生方をはじめ,広く教育関係者を対象にして,初等教育の充実を図るための資料として,文部科学省教育課程課及び幼児教育課で刊行している教育月刊誌です。年間テーマに基づき,今日的な課題をとらえ,各教科,領域の関連的,横断的な視点から具体的なテーマで特集を組みます。また各特集は,論説や指導事例,座談会などによって,幅広い視点から特集テーマを深く掘り下げ,新しい教育の実践,研究に役立てるよう構成しています。教育界の最新動向をあますところなく,コンパクトにまとめ,先生方の明日への道標となる1冊です。
本・雑誌内容詳細 初等教育資料
2017年11月号●No.960

特集Ⅰ
主体的・対話的で深い
学びの実現に向けた授業改善①

002 解 説 主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善について●文部科学省教育課程課
008 論説1 幼稚園教育における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた実践の改善●文部科学省幼児教育課
014 論説2 国語科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●菊池英慈
020 論説3 社会科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●澤井陽介
026 論説4 算数科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●笠井健一
032 論説5 理科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●鳴川哲也
038 論説6 生活科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●渋谷一典
044 論説7 音楽科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善●津田正之

特集Ⅱ 外国語活動・外国語
新学習指導要領に向けた指導の在り方
これからの小学校における外国語教育の在り方について考える

056 論 説 小学校における外国語教育の在り方について●直山木綿子
058 事例1 研究開発学校における新学習指導要領に沿った小中連携の具体●庄司晶代
062 事例2 拠点校における新学習指導要領に沿った校内教員意識改革の具体●辻本武司
066 事例3 新学習指導要領に向けた教育委員会の取組の具体●山梨県教育委員会
070 事例4 小学校外国語教育の充実に向けた土台づくり●西貝裕武
074 事例5 一人より皆で 点から線へ 英語教育推進の取組について●矢野智子、小林広明

IV 巻頭言・子供と教育 未来を担う子供たちのために 近藤やよい
050 教育の扉 未来へ続く和菓子の技と味を求めて 水上力

連載
VI 子供に学んだあの風景 考え、そして行動した子供たち●三宅千加子
078 フロントライン教育研究 帰国・外国人児童生徒教育等における家庭科の課題と役割●上野顕子
082 豊かな教育の広がり クジラと出会い、触れ合いができる博物館●太地町立くじらの博物館
084 教育委員会レポート 子供の「できる」をつなぐ幼小連携●栃木県総合教育センター
086 指導主事Navi ここがポイント!今月の名授業 生活の課題を見いだし、実生活で実践する力を育む家庭科の授業●青森県青森市立堤小学校
088 学校探訪・津々浦々 地域の「自然・人・もの」を生かし、自ら学ぶ中畑っ子の育成●愛知県西尾市立中畑小学校
090 特別支援教育 障害のある児童の資質・能力の育成のための主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善●庄司美千代
幼児教育
094 [論説・事例]幼児が地域に親しみ愛着をもつことを目指して●中西昌子
102 [幼保連携型認定こども園・解説と事例]子育ての支援●内閣府子ども・子育て本部

教育ニュース
104 アフリカ・ベナンでの2年間─小学校教員として─
106 新学習指導要領に基づく国際理解教育の授業実践の提案
108 平成29年度 指定校事業研究協議会の開催
109 学校休業日の分散化に関する学校教育法施行令の改正を行いました
プロダクトNo 1248
出版社 東洋館出版社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。