食品と開発 定期購読・最新号・バックナンバー

食品と開発の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食品と開発雑誌の詳細です。


食品と開発の公式サイトへ
本・雑誌 食品と開発
本・雑誌内容 最新の食品製造技術動向、新しい機能性素材の情報、HACCPなど衛生管理技術、大きく変わる食品関連法規ニュースなど新しい食品開発の為の情報誌として食品・薬品・化粧品メーカーの企業開発、研究所、製造現場を中心に多くの読者を持っています。新しい食品開発技術とマーケティングを結んだこれからの食品を考える先端技術情報誌です。
本・雑誌内容詳細 特集Ⅰ/栄養成分表示義務化を控え事業者が知っておきたい栄養成分分析法と課題
◆食品表示基準における主要栄養成分の分析方法
◆食物繊維分析法と課題
◆自動化、迅速化ニーズに応える栄養成分分析装置


特集Ⅱ/コクを活かした食品開発
◆コクの要素と寄与成分を活かした食品開発
◆「こく味」の新たな活用方法について
◆生活者の“コク”に対する意識と、それに対する商品企画のトレンド


【支援技術】
◆食品産業の粉粒体技術


【技術レポート】
◆ダブル冷却構造で素材の風味そのままに粉砕 セントリカッター


【FOOMA JAPAN 2018(国際食品工業展)特別企画】
◆アジア最大級の「食の技術」総合トレードショー開幕へ最先端の技術・製品・サービスが集結


【市場動向】
◆ミネラル素材の市場動向
◆ビタミンの市場動向
◆機能性カロテノイドの市場動向


【素材レポ】
◆脂肪燃焼作用のあるラズベリーケトンのシクロデキストリンによる
 水溶性および徐放特性の向上


【機能性食品開発のための知財戦略⑥】
◆食品用途発明の最新報告 〈2018年3月登録/公開〉


【機能性表示食品の発売動向を追う32】
◆機能性表示食品の届出・受理の現状


【産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追うシリーズ59】
◆スタートから2年目を迎えた民間認証「四国健康支援食品制度」について


【シアトル発 最新FOOD NEWS】
◆Amazon Go─いよいよデジタル化の時代か


【クローズアップ】
≪行政≫
・主な焦点は、高齢社会への対応と若年層における摂取基準の設定
 ―日本人の食事摂取基準、2020年版の第1回策定検討会開催  厚生労働省  
・需要創造と効率的生産、海外展開の3戦略がカギ
 ―「食品産業戦略 食品産業の2020年代ビジョン」の公表  農林水産省
・納品期限緩和の取組が拡大、対象品目拡大にも取り組む
 ―平成29年度食品ロス削減のための商慣習検討会のまとめ結果  農林水産省


【海外開発トピックス】(毎号掲載)
海外の食品情報誌「Prepared Foods」や「Food Processing」などから
ピックアップした記事を和訳でお届けします。
6月号では2本の和訳記事を掲載。
・植物タンパク質へのゴーサイン
・18歳以下


【その他】
・新製品紹介
・業界商品動向
・Hiニュース
・S-tecニュース
・国内文献速報
・特許速報
プロダクトNo 1242
出版社 UBMジャパン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。