H(エイチ) 定期購読・最新号・バックナンバー

H(エイチ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

H(エイチ)雑誌の詳細です。


H(エイチ)の公式サイトへ
本・雑誌 H(エイチ)
本・雑誌内容 「H」は日本国内、海外の最新サブカルチャー情報をハイ・クォリティーなどビジュアルと独自のテキストで紹介するユース・カルチャー・マガジン。新進気鋭のミュージシャン、タレント、モデル、アーティストが毎回多数登場します。
本・雑誌内容詳細 嵐が5人で語った あのときのこと、これからのこと
最新アルバム『「untitled」』をリリースした嵐が全員で登場!
常に新しいことに挑戦し続ける彼らが本作に込めたメッセージとは?
デビューから18年経った今、5人だからこそ歩んでこれた道のり、そして5人が思い描くこれからの景色と絆を、「嵐が嵐になる前のこと」「嵐がこれから5人で紡ぐ絆とは」など10のテーマで語り尽くした全員インタビュー!

吉沢亮
『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などマンガ原作の話題作ではキャラクターに徹底してなりきる演技を見せる一方で、『百鬼オペラ「羅生門」』では生身の人間らしさをさらけ出して舞台に立つなど、今年大きな飛躍を見せている吉沢亮。来年公開予定の『リバーズ・エッジ』『ママレード・ボーイ』も含めて、その現在地が見える最新インタビュー!

古川雄輝
ドラマ『重要参考人探偵』でモデルのシモン・藤馬を演じる古川雄輝。今までで一番自分から遠いと語る難役に対して、彼はどう向き合っているのか? ドラマ初出演だった『アスコーマーチ〜明日香工業高校物語〜』からの「リベンジ」だという本作への想いを語る。和装で物憂げに佇む古民家でのフォトセッションも!

竹内涼真
テーマは「竹内涼真 in スポーツの秋」! トランポリンやバランスボールを使って、持ち前の運動神経を発揮したスペシャルフォトセッションが実現。さらに、幅広い世代から支持された話題作『過保護のカホコ』の麦野初役から、高校球児を演じた『青空エール』、最新出演作『陸王』、サッカーに捧げた青春まで語り尽くす!

山田孝之×FROGMAN
あの鷹の爪団とDCコミックスが、勢い余ってなぜかタッグを組んだ! しかもゲスト声優に山田孝之!?という異色のアニメーション映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が公開! 監督・脚本を務めるFROGMANとバットマン役の山田孝之が語る、本作の製作秘話とは?

まふまふ
2年ぶりのソロアルバム『明日色ワールドエンド』をリリースしたまふまふ。新時代の表現者として、絶望も希望も鮮烈なメッセージとして描き出す彼は、なぜ圧倒的なスピードとボリュームで進化を続けるのか。衝撃の過去と未来への渇望を語ったスペシャルインタビュー!

特集:「Hの男子会」
「Hの男子会」、はじめます。第2回の今回も、前回に続いて3組の男子会をセッティング。
男同士だから話せるあんなこと、こんなことが盛りだくさん! それぞれの男子会の個性あふれるフォトとともにお送りします
高杉真宙×葉山奨之/太賀×中村蒼×矢本悠馬/超特急 リョウガ×タクヤ×ユーキ×ユースケ

中条あやみ
映画『覆面系ノイズ』で主人公・ニノを演じる中条あやみが、笑顔で紅葉と戯れるキュートなフォトとともに登場! 思春期の恋愛をバンドの楽曲や歌声と絡めて描いたこの青春群像劇で、劇中のバンドとして初のCDデビューも果たす彼女が感じた喜びと苦悩とは?

永野芽郁
永野芽郁、本格チャイナドレスで華麗に見参! 弱冠18歳ながら『ピーチガール』『帝一の國』など話題作への出演が相次ぎ、2018年には朝ドラ『半分、青い。』の主演も決定している新世代ヒロインが、女優業にかける想いを語る。最新出演作『ミックス。』についても!

池田エライザ
映画『一礼して、キス』で映画初主演を果たす池田エライザ。弓道部に所属する主人公のとろけるような恋愛模様を描いた本作に、彼女はどう向き合ったのか? より高く羽ばたこうとする今、多方面で活躍する彼女の豊かな感性とそのルーツにも迫った!
プロダクトNo 1226753
出版社 ロッキング・オン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。