月刊日本 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊日本の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊日本雑誌の詳細です。


月刊日本の公式サイトへ
本・雑誌 月刊日本
本・雑誌内容 偏狭なナショナリズムに安易に妥協することなく、民族として、文化共同体として、高度な倫理を伴った自信を日本人にもたらすため、『月刊日本』は、①わが国の縦軸としての歴史認識の再構築、②日本国憲法の徹底的な見直し、③根本的、構造的なマスコミ批判──を編集方針として掲げます。
本・雑誌内容詳細 【巻頭言】 安倍総理よ! 平壌へ飛べ。そして、アジアに新たな地平を切り拓け!

【特集①】安倍君 もういい加減になさい!
村上 正邦 安倍君 もういい加減になさい!
中村慶一郎 再び言う、安倍首相は潔く身を引け

【特集②】森友・加計問題を暴く
郷原信郎 国家戦略特区は利益相反の温床だ
菅野 完 籠池逮捕は安倍政権による見せしめだ

【特集③】文民統制を揺るがす日報問題
佐藤 優 自衛隊は軍人勅諭の精神を取り戻せ
栁澤協二 安倍政権に文民統制はできない

【特集④】東アジアの新たな地平を開け
ロナルド・モース 日本は米朝国交正常化に備えよ
マハティール・モハマド×稲村公望 戦争は解決策にならない
横山孝平 対中外交の要諦は、頭山満翁曰く「誠至って神通ずじゃ」

清水信次  私の命は昭和天皇に救われた
浦辺 登  玄洋社とは何か
南丘喜八郎 追悼 蔡焜燦先生

【羅針盤】
森田 実 自民党は「改憲」を永久に叫びつづける!?
酒井信彦 日本人は精神奴隷民族になり果てた
宮崎正弘 法螺吹き男爵三人がそろい踏み

【連載】
<政治・経済・社会>
植草一秀 消費税減税提案の剽窃
菅沼光弘 危機を梃子にして兵器購入を迫るトランプ
山浦嘉久 米中・米露の「呉越同舟」
宮崎 学 〈国家社会〉への抵抗
青木 理 メディア業界でも蔓延する長時間労働
鈴木宗男 プーチン大統領の「おもてなし」
高山住男 自民党墨田区議 政務活動費横領の闇
小川和久 米朝開戦の可能性は低い(マット安川のずばり勝負!)
アブドルカーデル・ヤーバーニ  トルコ・エルドアン大統領の最期が近い

<歴史・文化・思想>
山浦嘉久  三韓時代の兆し
西村眞悟  國體護持のために下された御聖断
三浦小太郎 『忘却の引き揚げ史』を読んで
小川寛大  立憲連邦党
山崎行太郎 マルクスとエンゲルス(第三十八回)
松崎哲久  独ソ開戦への対応(1941)
奥山篤信  『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(アメリカ、2016)
四宮正貴  惑へる情を反さしむる歌一首竝びに序……他
中村友哉  二重国籍問題を考える(一)
川口雅昭  何事もならぬといふはなきものをならぬといふはなさぬなりけり
中村勝範  シベリア抑留記
池口恵観  危険水域に入った安倍政権だが、「ポスト安倍」は「安倍」?
南丘喜八郎 神田古書店街と中国革命

【編集部が薦める一冊】
『芸術・無意識・脳』(エリック・R・カンデル)
プロダクトNo 1224061
出版社 K&Kプレス
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。