月刊日本 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊日本の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊日本雑誌の詳細です。


月刊日本の公式サイトへ
本・雑誌 月刊日本
本・雑誌内容 偏狭なナショナリズムに安易に妥協することなく、民族として、文化共同体として、高度な倫理を伴った自信を日本人にもたらすため、『月刊日本』は、①わが国の縦軸としての歴史認識の再構築、②日本国憲法の徹底的な見直し、③根本的、構造的なマスコミ批判──を編集方針として掲げます。
本・雑誌内容詳細 【巻頭言】近衛文麿に自決を迫った石橋湛山の胆力

【特集①】日本はいつ米国の属国になったのか
亀井静香  日本はアメリカの占領下だ
小林興起  地位協定反対の抗議行動を起こせ
舛添要一  日米同盟は永遠ではない

【特集②】安倍一強政治は議会を亡ぼす
中村慶一郎 議会軽視を続ける安倍首相
平野貞夫×白井聡 誰が野党共闘を阻んだのか

【特集③】森友・加計問題徹底批判
郭 洋春  国家戦略特区に群がる安倍首相の「お友達」
黒川敦彦  政治の私物化を許すな
郷原信郎  安倍首相の司法介入を許すな
菅野 完  森友学園事件を総括する(下)

【特集④】メディアと国家権力
伊藤詩織  国家権力の「ブラックボックス」
高田昌幸  なぜ記者は権力の「ポチ」になるのか
倉重篤郎  安倍政権と読売新聞は二人三脚だ

ペマ・ギャルポ  天皇とダライラマ

【羅針盤】
稲村公望 日ソ対立の残滓を一掃せよ
宮崎正弘 中国が北朝鮮を攻撃する日
菊池英博 改憲を狙った民進党解体クーデター

【連載】
<政治・経済・社会>
山浦嘉久 尊皇か独立か
植草一秀 鵺=民進党が諸悪の根源
小野耕資 観光立国とインバウンド依存経済の限界
宮崎 学 北朝鮮危機という名の〈茶番〉
青木 理 法秩序を破壊する安倍首相の放言
鈴木宗男 アメリカに言うべきことを言え!
小山和伸 我が国は独立した主権国家としての矜持を持て(マット安川のずばり勝負!)
A・ヤーバーニ サウジアラビアの若い皇太子、暴走か

<歴史・文化・思想>
西村眞悟  いまなお変わらぬ韓国の固陋傲頑
三浦小太郎 武士道 戦闘者の精神(上)
山浦 嘉久 米中の狭間で苦悩するASEAN
松崎 哲久 三宝興隆の詔(594)
小川 寛大 ロバート・エドワード・リーの懊悩
山崎行太郎 小林秀雄と丸山眞男とマルクス
奥山 篤信 『女神の見えざる手』(アメリカ映画、2016)
四宮 正貴 萬葉集に歌はれた日本の心
中村 友哉 二重国籍問題を考える(四)
川口 雅昭 吉田松陰名辞
酒井 信彦 日本は米国の軍事的植民地だ
池口 恵観 安倍首相は「謙虚」より難題克服に全身全霊で取り組むべき
南丘喜八郎 吉田茂

【編集部が薦める一冊】
『戦前昭和の社会 1926-1945』(井上寿一・講談社)
プロダクトNo 1224061
出版社 K&Kプレス
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。