Pen(ペン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Pen(ペン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Pen(ペン)雑誌の詳細です。


Pen(ペン)の公式サイトへ
本・雑誌 Pen(ペン)
本・雑誌内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
本・雑誌内容詳細 2人の男が仏像を変えた
運慶と快慶。

仏像と言えば、「運慶と快慶」。
たとえば2人の代表作である東大寺南大門の金剛力士像の威容は、教科書で、または修学旅行で、目にした人々の記憶に刻まれたはずだ。
それには至極納得できる理由がある。
1、高さ8mを超える巨像である。
2、いま見ても、抜群にカッコいい。
しかし800年以上も昔の仏像が、なぜ大人も子どもも圧倒するのだろう。
しばしば運慶仏は迫力がある、快慶仏は繊細で華やかだと言われる。
確かにその通り。だが、それだけか?
彼らの緻密で大胆な企みを、私たちはほとんど知らずにきた。
日本美術に大きな転機をもたらした、運慶と快慶の挑戦をここで明らかにする。



対談 井浦 新×いとうせいこう
仏像を革新した、「運慶と快慶」を語ろう。

運慶と快慶が競演、東大寺の復興プロジェクト
動乱の世と、2人の仏師の生涯をたどる。
飛鳥~鎌倉時代の名作で知る、日本の仏像史。
仏像のスタイルを変えた、慶派という存在。

運慶篇
デビューから最晩年まで、無二の天才だった。
興福寺 大仏師がたどり着いた、仏像表現の新境地。
願成就院 東国武士と出会い、ダイナミックな作風に。
浄楽寺 さらなる飛躍へとつながった、静と動の諸像。
瀧山寺 頼朝追善の三尊に見る、流麗なリアリティ
運慶は仏の魂をデザインし、像内に秘した。

快慶篇
仏に人生を捧げ、一弟子から慶派のスターヘ。
浄土寺 極楽から雲に乗って現れる仏を、光で演出。
安倍文殊院 颯爽と大海原を渡る文殊菩薩に、圧倒される。
端正で優美な、阿弥陀仏の究極の像を求めて。
精緻な美しさを放つ、快慶仏の特別な技法とは。

基本的な仏像の種類と、つくり方を学ぼう。
私の心に強く響いた、運慶・快慶の仏像。
運慶仏・19軀が出品される、かつてない大展覧会。
傑作を観に行こう!運慶・快慶の仏像MAP


【第2特集】比類なき技とセンスを徹底解剖! 人間国宝になった、フランスの職人たち。

その他、連載など。
プロダクトNo 1220627
出版社 CCCメディアハウス
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。