週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮雑誌の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細
 【特集】
 嘘つきは財務官僚の始まり
 セクハラをしらばっくれた「福田次官」の寝言は寝て言え!

 ハレンチ発言全開! 「女性記者」を
 「キャバ嬢」にすり替えた改ざんを暴く
 ▼「#MeToo」の声を上げる被害女性たちの次官評
 ▼「なぜ自社で報道できないか」の疑問に答える
 ▼次官更迭を決断した「安倍官邸」に「財務省」のクーデター
 ▼OG「山口真由」が語る「出世レースに生き残る男」
 ▼米「NYタイムズ」英「タイムズ」はどう伝えたか

 女性は輝けない!?「麻生財務相」が
 「嫌なら男の記者に替えればいい」


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 皇室御用達「帝国ホテル」にこだわった
 「小室圭くん」のポートレイト物語
 ▼「眞子さま」の太陽だから「海の王子」は秋篠宮邸通い
 ▼このままでは2億円に達する「小室家」警備費用
 ▼6月帰国の「佳子さま」がカギを握る「姉妹会議」


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 警官射殺の「19歳巡査」を実名報道した「朝日新聞」
 の超ご都合主義


---------------------------------------------------------------------------

 
 【特集】
 サヤエンドウとはっさく……
 心が折れない「脱獄囚」のサバイバル


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 闇に葬られた「新生児取り違え事件」
 厚労省をダシにした「順天堂大学」隠ぺいの証拠


---------------------------------------------------------------------------


 【判決手記】
 若いツバメとタイ逃避行
 「超女子力オバサン」が拘置所で綴った「だから私は愛される」
 山辺節子


---------------------------------------------------------------------------

 
 【特集】
 「脳疲労」を改善!
 3時間の眠りでも大丈夫という「濃縮睡眠」
 睡眠セラピスト 松本美栄
 ▼カギは血流! 頭蓋と脊椎の「骨格矯正法」
 ▼「ヨガ」「肩甲骨ストレッチ」が副交感神経を優位にする
 ▼就寝30分前は「パソコン」「スマホ」厳禁
 ▼安眠にも筋肉が必要だから「朝晩スクワット」


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 本命「長澤まさみ」の対抗馬は「吉高由里子」
 穴馬「菜々緒」「佐々木希」という「春ドラマ」視聴率レース

プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。