週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮雑誌の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細
 【特集】
 思惑入り乱れる角界のアウトレイジ!
 暴行「日馬富士」謀略「貴乃花」7つの謎
 ▼「モンゴル力士」「八角理事長」を排除の論理
 ▼暴力の全容判明「日馬富士」が叫んだ最悪の侮蔑「ビスタ!」
 ▼潜入! 暴行現場の「VIPルーム」を覗いてみた
 ▼「貴乃花」が勇み足!? 「2通の診断書」の暗闇
 ▼焼酎甕の蓋で一気飲み「日馬富士」鯨飲伝説
 ▼お兄ちゃん「花田虎上」が明かした「絶縁の理由」
 ▼「白鵬」が「ビール瓶」否定の背景に「時津風部屋事件」


----------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 知られざる「百寿者」天国!
 5年連続「100歳以上」が日本一多い「島根県」の秘密
 (1)医師が驚愕! 老人たちが筋骨隆々のワケ
 (2)海の幸・山の幸・汽水の幸の「最強健康食」 
 命を育む宍道湖の「七珍」とは
 (3)低カロリーで牛豚鶏より高栄養価「山くじら」の正体
 (4)県内でも「百寿率」最高の村落は通称「じゅうねん」の産地
 (5)腰痛知らず! 長生きを導く「雲南体操」
 (6)最高齢は108歳! 5人の島根県「百寿者」
 に緊急インタビュー!! 「これが私の健康長寿の秘訣」


----------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 「陛下をトランプさんに会わせても……」
 「安倍官邸」がフタしたい「美智子皇后の乱」


----------------------------------------------------------------------------


 【特別読物】
 ▼「40歳超えてもニート」が全国に70万人!

 日本を蝕む「中高年ひきこもり」
 ノンフィクション・ライター 黒川祥子

 ▼野を歩けばトリュフ ウツボの味に悶え 
 カジカの「骨酒」で温まる

 「捕まえて、食べる」! 晩秋編
 フリーライター 玉置標本


----------------------------------------------------------------------------


 【ワイド】
 阿弥陀の光も金次第
 (1)「一押し二金三男」? 女性誌の救世主
 「竹内涼真」はなぜモテる
 (2)「柴咲コウ」視聴率“落城”が招いたイベント会場
 「ブチ切れ事件」
 (3)ゴッドマザー「安倍洋子」が悲嘆にくれた
 「岸信介」嫡男の寂しき死
 (4)「小林幸子」も広告塔「詐欺会社」女社長と
 「江木俊夫」の蜜月
 (5)株取得はオウンゴール「武田修宏」
 がインサイダー疑惑で事情聴取された
 (6)「仲見世商店街」の次は「三社祭」が標的! 
 銭争拡大「浅草寺」


----------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 NHKが「安室奈美恵」に額づいた!?
 ジャニーズ「Hey! Say! JUMP」初選出の深謀!!
 「紅白歌合戦」出場歌手決定の舞台裏

プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。