週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮雑誌の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細
 【特集】
 ご結婚延期でも誰も言わない「眞子さま」サヨナラの胸の内
 ▼伏せられた「小室家問題」に「秋篠宮家」
 が書いた穏やかなる「破談」の台本
 ▼菊のカーテンから漏れた本音は「結婚詐欺のようなもの」
 ▼430万円「援助交際」の男性は「それでもお金は返して」
 ▼延期表明の会見に「菅官房長官」オフレコの寸鉄 
 ▼なぜか「海の王子」をお褒めにならなかった「紀子妃」謎の微笑
 ▼右翼を扇動で「美智子皇后」も婚姻辞退寸前だった! 
 「明治天皇」が「慰謝料」7億円を手向けられた「皇室破談」秘史
 ▼粘り腰の「小室圭くん」に解決金という新たな火種


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 【「羽生」「井山」国民栄誉賞受賞記念】
 「中原誠十六世名人」「萩本欽一」「水野真紀」
 「つるの剛士」ら17人の持論!

 「将棋」と「囲碁」子どもにやらせるならどっち?
 ▼「暗記力」「応用力」学力アップの軍配は?
 ▼将来のビジネスに役立つのは? 経営者に必須の「大局観」
 ▼収入比較! 食っていけるのはどちらの「棋士」か
 ▼「茂木健一郎」が解き明かす「将棋脳」「囲碁脳」
 ▼臨床試験が始まった「認知症予防」への活用術


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 「4回転ルッツ」が焦点!
 「羽生結弦」vs.「ネイサン・チェン」銀盤の心理戦

---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 前人未到! センター試験「900点満点」を取った
 「名門高校生」の家庭教育


---------------------------------------------------------------------------


 【ワイド】
 雪の華
 (1)統一教会「桜田淳子」の本格復帰を可能にした
 「実家の事情」
 (2)「イチロー」現役固執の理由は44歳で
 「足が速くなった」から
 (3)「仮想通貨事件」が急展開! 事情聴取された
 日本人は怪しい第三者
 (4)「田中角栄」が邂逅した神楽坂「ナンバー1芸者」
 との落花流水
 (5)「石原さとみ」熱演で分かった日本の法医学は
 『アンナチュラル』


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 【ドラマ化記念鼎談】宮部みゆき×内田有紀×平岳大
 見えない「怪物」に困惑? 眼帯は「独眼竜」のお下がり!
 時代劇『荒神』の制作秘話


---------------------------------------------------------------------------


 【特集】
 「日本ハム社長」電撃辞任の裏側に
 「羽田VIP」制服アテンダントを辱めた深夜の猥雑発言

プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。