WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパン雑誌の詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
本・雑誌内容詳細 「WWDジャパン」6月25日号は、8年連続の人気企画「販売員特集」です。ECがすさまじい勢いで拡大する中で、販売員は必要なのか?と問いかけ、スゴ腕31人の取材を通じて、大声で「必要だ!」とアンサーする内容です。「専門知識」「ベテラン」「デジタル」「ママ」「至近距離接客」の5つをタグ付けすることで、それぞれのスペシャルティーを分かりやすく紹介します。
 特集では、インスタグラムのフォロワー5.5万人のピンク髪のマルキュー販売員から、キャリア40年超の銀座のベテランまで、老若男女がバランスよく登場します。2児のママ店長は「子どもからのサポートが不可欠」と語り、ベルリンきっての高感度セレクトショップで働く日本人販売員は、おもてなし精神の気配りを見せます。目からウロコの接客術に、「へぇ~!」連発は必至です。
 ニュース面では、「ニナ リッチ(NINA RICCI)」や「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」を擁するスペイン・バルセロナのファミリー企業、プーチ(PUIG)傘下に入った「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」を取り上げます。また百貨店・ファッションビル・ECサイトのセールにも注目。今後、キーワードになりそうな“二段階式”とは?
 ニュース面のもう1つの目玉は、眼鏡業界の台風の目、ケリング アイウエア(KERING EYEWEAR)。世界5大アイウエアメーカーの牙城を脅かし、売上高900億円を目指します。ケリングつながりでは、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」を去ったトーマス・マイヤー(Tomas Maier)の後任、ダニエル・リー(Daniel Lee)新クリエイティブ・ディレクターにも迫ります。
 株連載は、6月19日にマザーズに上場したメルカリ(MERCARI)にフォーカス。2次流通は株式市場も席巻するのか?バイヤー連載では、スタイルス(STYLES)の阿曽友紀ディレクターが「買い付けは迷ったら負け」と断じ、人物列伝では遠山正道スマイルズ(SMILES)社長が「赤字店舗で味わう底なしの恐怖」を回想します。ファッションパトロールは、暑気払いの幹事必見のビアガーデン最新情報です。
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。