WWDジャパン 定期購読・最新号・バックナンバー

WWDジャパンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWDジャパン雑誌の詳細です。


WWDジャパンの公式サイトへ
本・雑誌 WWDジャパン
本・雑誌内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
本・雑誌内容詳細 「WWDジャパン」1月22日号は「2018-19年秋冬ロンドンメンズ&ピッティ速報」です。表紙は、ピッティのメーンゲストとして合同ランウエイショーを披露した「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾と「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」の宮下貴裕の2人。親友か?ライバルか?合同ショーへの2人の思いを現場のフィレンツェから速報します。
 ピッティでは脱コンサバ化を図るクラシコイタリアの新トレンドを“短歌”で振り返ります。また、「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」がランウエイショーを急きょ取りやめるなど、参加ブランドの減少で1日短縮されたロンドンメンズもリポート。過渡期を迎えるロンドンを救うのは誰か?若手デザイナーを筆頭に急成長を遂げた18-19年秋冬を解説します。
 ニュース面では、衝撃の退任が明らかになったキム・ジョーンズ(Kim Jones)「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズ・アーティスティック・ディレクターをピックアップ。18日のショー直前に藤原ヒロシを直撃し入手した貴重なコメントも掲載しています。また海外売り上げが国内売り上げを上回った「ユニクロ(UNIQLO)」、三井物産のビギグループ買収などを取り上げます。
 またテリー・リチャードソン(Terry Richardson)、マリオ・テスティーノ(MarioTestino)ら、続々と浮き彫りとなるファッション業界のセクハラ問題にも言及。NYの人気セレクトショップ、キス(KITH)の創業者、ロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)のロングインタビューも必見です。次期COOに航空機部門出身者を発表した伊藤忠の“ポスト岡藤”の針路にも迫ります。
 人気連載「純喫茶サイトウ」は「業界の人手不足問題」について。大手出版社で社長や編集長を務めてきた斎藤和弘の振るった“尖った”人事とは?覆面調査員が行く、「ミステリーショッパー」は三井アウトレットパーク幕張。「ファッションパトロール」では、ファッション界のレジェンド・菊池武夫が日比谷を散歩します。
プロダクトNo 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。