月刊サッカーマガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊サッカーマガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊サッカーマガジン雑誌の詳細です。


月刊サッカーマガジンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊サッカーマガジン
本・雑誌内容 1966年6月1日、ワールドカップ・イングランド大会の開幕直前に創刊。世界の動向を追い、日本の状況もしっかり伝え、半世紀――。隔週刊、月刊、再び隔週刊、そして週刊と、その時々のニーズに合わせ、発行形態を変えながら、2013年11月からはサッカーマガジンZONEと誌名を変え、サッカーを取り巻く人や物、文化面にフォーカスした内容に刷新し、発行。そして、ふたたび、サッカーそのものを取り上げる月刊誌として日本サッカー発展のために、サッカーファンのために、常に読者に新鮮な驚きと喜び、斬新な視点を提供するため、2016年7月再スタート。
本・雑誌内容詳細 【特集】1993→2017
J監督の系譜
彼らは何をもたらしたか?

■イントロダクション&データ
『J監督に変化の兆し』

■インタビュー&コラム
大岩 剛(鹿島監督)
『監督に迷う暇はない』

名波 浩(磐田監督)
【連載拡大版】『ラスト5でのチャレンジ』

下平隆宏(柏監督)
『武骨な集団にしたい』

風間八宏(名古屋監督)
『確信を持った勝利を積み重ねる』

■監督の1週間
曺 貴裁(湘南監督)
『試合前日も厳しい練習』

■『名将』回想録
大久保嘉人(FC東京)
『サッカー人生を変えた監督』

【リポート&考察】
考察●日本代表の2試合
『10月シリーズで見えた課題』

記録●ロシアW杯・各大陸予選
『出場決定国とプレーオフ』

記録●ルヴァンカップ準決勝
『決勝はC大阪対川崎Fに決定』

【クラブ別】J監督史
Part.1『J1編』
鹿島 川崎F 柏
C大阪 横浜FM 磐田
G大阪 浦和 鳥栖
FC東京 神戸 仙台
清水 札幌 広島
甲府 大宮 新潟

Part.2『J2編』
湘南 福岡 名古屋
東京V 千葉 京都

Part.3『J2&J3編』
山形/水戸/群馬/町田/横浜FC/松本
金沢/岐阜/岡山/山口/讃岐/徳島
愛媛/長崎/熊本/大分/盛岡/秋田
福島/栃木/YS横浜/相模原/長野/富山
藤枝/沼津/鳥取/北九州/鹿児島/琉球
FC東京U-23/G大阪U-23/C大阪U-23/横浜F

【連載】
平畠啓史『平ちゃんのJライナーノーツ』
柱谷幸一 WCCF企画◎『スターが語る MY BEST』
『球蹴りの間に間に』◎阿刀田 寛
『サッカー100年』◎賀川 浩
『ニッポン蹴球道標』◎武智幸徳
『英国舌戦月誌』◎山中 忍
『ドイツ視点で見てみれば』◎ミウラユウスケ
『探訪!未来のサムライ』◎川端暁彦
『日々是なでしこ』◎日々野真理
『世界遺産~レッドスター』◎北條 聡
『続・サッカーの素』

【レギュラー&その他】
月間トピック『五輪監督は森保一』
J2月報『松本リポート』
J3月報『北九州リポート』
大学支局『法政大の1、2年コンビ』
ユース支局『清水ユース三羽ガラス』
INFORMATION
次号予告&編集後記
プロダクトNo 1124
出版社 ベースボール・マガジン社
発売日 毎月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。