産婦人科の実際 定期購読・最新号・バックナンバー

産婦人科の実際の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

産婦人科の実際雑誌の詳細です。


産婦人科の実際の公式サイトへ
本・雑誌 産婦人科の実際
本・雑誌内容 周産期、婦人科腫瘍、生殖・内分泌、女性ヘルスケアの4つの柱を中心として、臨床医にいま本当に必要な知識や技術を、わかりやすく丁寧に解説している。専門事項も難解なことなく着実に把握できる、教科書的な面も有している。特集は、各大学の専門医が、いま、産婦人科医療で何が必要なのかという視点で、学会の動向などを加味しながら、しっかりと企画を検討し、掲載している。
本・雑誌内容詳細 ■周産期領域

GQ-1 緊急頸管縫縮術の有用性とコツは?
大槻 克文

GQ-2 早産児の帝王切開の適応は?-経腟分娩をトライするか?
安藤 一道

GQ-3 切迫早産における安静(入院・外来)の適応と有用性は?
成瀬 寛夫

GQ-4 分娩誘発における効果的な器械的頸管熟化処置は?
桑原 慶充

GQ-5 HDPの予防は?妊婦健診でみるべきポイントと患者へのアドバイスは?
藤崎 碧

GQ-6 つわりの治療は? 外来診療でできることと入院治療のポイントは?
恩田 威一

GQ-7 妊娠初期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?
和田 誠司

GQ-8 妊娠中後期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?-循環器
中田 雅彦

GQ-9 妊娠中後期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?-胸部
小澤 克典

GQ-10 妊娠中期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?-中枢神経
市塚 清健

GQ-11 妊娠中後期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?-腹部
高橋 雄一郎

GQ-12 妊娠中後期の胎児エコーのknacks and pitfallsは?-四肢
永岡 晋一

GQ-13 胎児MRIのknacks and pitfallsは?
種元 智洋

GQ-14 周産期医療での遺伝医療は?遺伝カウンセリングを行うタイミングは?
佐村 修

GQ-15 子宮内胎児死亡例へのグリーフケアは?
竹内 正人

■婦人科領域
GQ-16 ピルを切るタイミングは?閉経期症例への対応は?
岩佐 弘一

GQ-17 婦人科腹腔鏡下手術の適応範囲は?専門医と専攻医の境界は?
堤 治

GQ-18 子宮鏡手術の工夫と適応範囲は?DNGなど薬物療法とデバイスの応用は?
齊藤 寿一郎

GQ-19 挙児希望のある女性で子宮筋腫核出術をどうするか?
小西 郁生

GQ-20 子宮内膜症性?胞の薬物療法、DNGを使うコツは?
阪埜 浩司

GQ-21 子宮頸部細胞診異常例の診断とCIN症例の経過観察
小田 瑞恵

GQ-22 子宮頸がん症例に対する妊孕性温存療法は?微小浸潤症例への対応は?
小林 裕明

GQ-23 乳癌症例への子宮内膜病変フォローはいつまで行うのか?異常を疑う症例への対応は?
進 伸幸

GQ-24 HBOCを疑う卵巣がん症例への対応は?
野村 秀高

GQ-25 進行卵巣癌症例のNAC-IDS後にレジメンを変える必要はあるか?
斎藤 元章

GQ-26 進行卵巣癌症例に腹腔鏡手術は適応となるか?
干場 勉

GQ-27 婦人科がん症例の血栓症対策のknacks and pitfallsは?
川口 龍二

■生殖領域
GQ-28 低用量アスピリン+ヘパリン療法の適応は?
佐藤 善啓

GQ-29 POIの治療、薬物療法とIVAは?
河村 和弘

GQ-30 精液所見と不妊治療の戦略は?
?田 薫

GQ-31 不妊症における統合医療の用い方は?
井田 守

GQ-32 不妊治療の終結点、ARTの限界は?
京野 廣一

GQ-33 胚および胚盤胞の評価方法は?従来の形態学的評価とTLCによる評価方法の比較検討は?
湯本 啓太郎

GQ-34 若年がん患者に対する妊孕性温存療法の適用と要件は?
鈴木 由妃

GQ-35 胚移植カテーテル挿入困難例に対するノウハウは?
岡本 純英

GQ-36 子宮内膜症性卵巣嚢胞合併ART症例に対する治療戦略は?
藤原 敏博

GQ-37 Poor responder症例に対する排卵誘発方法は?
福田 愛作

GQ-38 Mild stimulationのポイントは?
谷田部 典之

GQ-39 着床前遺伝子診断の臨床的問題点と展望-遺伝的保因者および非保因者へのスクリーニングの課題
末岡 浩

GQ-40 不妊患者に対する心理的サポートは?
久保 春海
プロダクトNo 1019
出版社 金原出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。